カテゴリ: 歌 詞( 7 )

雨 /森高千里

作曲:松浦誠二
作詞:森高千里




一つ一つ 消えてゆく雨の中 
見詰める度に 悲しくなる
傘も差さず 二人黙っているわ
さよなら 私の恋

思い切り泣いて 強く抱かれたいけれど
今のわたしは 遠すぎるあなたが

***雨は冷たいけど 濡れていたいの
あなたの温もりを 流すから

雨は冷たいけど 濡れていたいの
思い出も涙も 流すから

そっとあなた 私の手引き寄せ
最後の言葉 探してるの?

だけど私 泣いたりなんかしない
涙は 雨のせいよ

思い切り泣いて あなたに抱かれたいけど
何も要らない このまま側にいて

***雨は冷たいけど 濡れていたいの
あなたの温もりを 流すから

雨は冷たいけど 濡れていたいの
思い出も涙も 流すから

*********
思い切り泣いて 強く抱かれたいけれど
今のわたしは 遠すぎるあなたが

雨は冷たいけど 濡れていたいの
あなたの温もりを 流すから

雨は冷たいけど 濡れていたいの
思い出も涙も 流すから







この曲を聞く
森高千里関連サイト
[PR]
by ilovebear | 2006-06-26 14:54 | 歌 詞

忘記他 /鄧麗君

作曲:黃沾
作詞:黃沾




忘記他 等於忘掉了一切
等於將方和向拋掉 遺失了自己

忘記他 等於忘掉了歡喜
等於將心靈也鎖住 同苦痛一起

從來只有他 可以令我欣賞自己
更能讓我去用愛 將一切平凡事 變得美麗

忘記他 怎麼忘記得起
銘心刻骨來永久記住 從此永無盡期




鄧麗君公式サイト
[PR]
by ilovebear | 2006-06-02 10:37 | 歌 詞

たしかなこと /小田和正

作曲:小田和正
作詞:小田和正




雨上がりの空を見ていた 通り過ぎてゆく人の中で
哀しみは絶えないから 小さな幸せに 気づかないんだろ

時を越えて君を愛せるか ほんとうに君を守れるか
空を見て考えてた 君のために 今何ができるか

忘れないで どんな時も きっとそばにいるから
そのために僕らは この場所で
同じ風に吹かれて 同じ時を生きてるんだ

自分のこと大切にして 誰かのこと そっと想うみたいに
切ないとき ひとりでいないで 遠く 遠く離れていかないで

疑うより信じていたい たとえ心の傷は消えなくても
なくしたもの探しにいこう いつか いつの日か見つかるはず

いちばん大切なことは 特別なことではなく
ありふれた日々の中で 君を
今の気持ちのまゝで 見つめていること

君にまだ 言葉にして 伝えてないことがあるんだ
それは ずっと出会った日から 君を愛しているということ
 
君は空を見てるか 風の音を聞いてるか
もう二度とこゝへは戻れない
でもそれを哀しいと 決して思わないで

いちばん大切なことは 特別なことではなく
ありふれた日々の中で 君を
今の気持ちのまゝで 見つめていること

忘れないで どんな時も きっとそばにいるから
そのために僕らは この場所で
同じ風に吹かれて 同じ時を生きてるんだ

どんな時も きっとそばにいるから



この曲聞く
小田和正公式サイト
[PR]
by ilovebear | 2006-04-12 09:22 | 歌 詞

Story /AI

作曲:2 SOUL for 2 SOUL MUSIC, INC.
作詞:AI



限られた時の中で
どれだけのコトが出来るのだろう…
言葉にならないほどの想いを
どれだけアナタに伝えられるのだろう….

ずっと閉じ込めてた
胸の痛みを消してくれた
今 私が笑えるのは
一緒に泣いてくれたキミがいたから

一人じゃないから
キミが私を守るから
強くなれる もう何も恐くないヨ….
時がなだめてく
痛みと共に流れてく
日の光がやさしく照らしてくれる

説明する言葉も
ムリして笑うコトもしなくていいから
何かあるなら いつでも頼ってほしい
疲れた時は 肩をかすから

どんなに強がっても
ため息くらいする時もある
孤独じゃ重い扉も
共に立ち上がればまた動き始める
一人じゃないから
私がキミを守るから
あなたの笑う顔が見たいと思うから
時がなだめてく
痛みと共に流れてく
日の光がやさしく照らしてくれる

時に人は傷付き、傷付けながら
染まる色はそれぞれ違うケド
自分だけのSTORY
作りながら生きてくの
だからずっと、 ずっと
あきらめないで….

一人じゃないから
私がキミを守るから
あなたの笑う顔が見たいと思うから
時がなだめてく
痛みと共に流れてく
日の光がやさしく照らしてくれる



この曲聞く
AI公式サイト
[PR]
by ilovebear | 2006-01-04 10:52 | 歌 詞

innocence /hitomi

作曲: Masato Kitano
作詞: hitomi



時を数えて歩く おそれをなして進む
今吹きつける 風は強く
何かを探しあてる この先の世界にネ
だけど 見つからず 立ち止まってる

遠く続いてる空の向こう 戦いを哀れむ人達
悲しみに明け暮れる子供達
毎日は顔色を変えて ちっぽけな迷いを抱えて
首傾げ笑う

どんなにごまかしても どんなに疑っても
そこにうつるもの 何もなくて
計り知れない想いを 嘘っぱちじゃない願いを
本当はきっとネ 求めている

変わらなくていいものだって 飾らなくていいんだよなんて
側にある 安らかな願いを
君がくれた 暖かいぬくもり まだそれがここにあるのなら
優しさに変えてく力を 今ここで信じよう

僕らは 生まれ変われるだろう
悲しみこの胸に 突き抜ける時
風向きはいつか 変わるだろう
その背を優しく押す ぬくもりを
感じたなら 強くなれるカナ

僕らが見る夢は 果てしなく

どんなに強がっても どんなに足掻いてみても
今ある力は 頼りなくて
心うつすカガミが 目の前の君だってね
わかりだしたなら たどり着ける

なれなれしく 僕を揺さぶる
明日とゆう このドアを叩き
そしてまた悩んでる 僕らはきっとまた歩いてく

もしも人を傷つけたり
優しさを失いかけたりしたとしたら
この胸に宿る innocenceを
子供の頃 描いた夢を
思い返してみる 情熱が
僕らに甦る 必ずね

僕らは 生まれ変われるだろう
悲しみこの胸に 突き抜ける時
風向きはいつか 変わるだろう
その背を優しく押す ぬくもりを
感じたなら 強くなれるカナ
僕らが見る夢は 果てしなく




この曲聞く
ヒトミ公式サイト
[PR]
by ilovebear | 2005-08-05 11:14 | 歌 詞

ALL FOR YOU /安室奈美恵

作曲:松本良喜
作詞:渡 なつみ



振り向けばいつも
微笑みがあるの NEVER WALK ALONE
偶然はいつか I KNOW そばに
あなたという奇跡がいた

離れてる時も 時間はWOE
変わらずにいつも
結び合う
YOR'RE GONNA BE MY LOVE 胸に溢れた
めぐり逢う SOMETHING NEW
力にして

YOU CAN SEE ALL MY LIFE 愛が何かも
分からずに 彷徨った日も
未来は CAN'T WAIT
たどり着くものなんかじゃなく
描き出す地図の中
歩いて行こう

こんな愛しさに
包まれるなんて NEVER FAILING LOVE
その瞳のなか I WILL 願う
永遠に出逢えること

会いたい気持ちは
何処から こみ上げて来るの
言葉には
ならないほど
せつない想い
変わらない INNOCENT TEARS 約束する
YOU CAN SEE ALL MY LIFE
あなただったの
この心帰り着ける場所
明日にもし
挫けそうになるそんな日も
二人ならば ALL FOR YOU
乗り越えて行ける

AH お互い伝え合うには HOE
季節は短過ぎるけど OH
たとえ
どんな色の未来でも
幸せだと信じている DARLIN' YOU

YOU CAN SEE ALL MY LIFE 愛が何かも
分からずに 彷徨った日も
未来は CAN'T WAIT
たどり着くものなんかじゃなく
描き出す地図の中
歩いてゆこう

YOU CAN SEE ALL MY LIFE
あなただったの
この心帰り着ける場所
明日にもし
挫けそうになるそんな日も
二人ならば ALL FOR YOU
乗り越えて行ける




この曲聞く
安室奈美恵公式サイト
[PR]
by ilovebear | 2005-05-13 11:21 | 歌 詞

HOWEVER /GLAY

作曲:Takuro
作詞:Takuro



幾千の出会い別れ全て
この地球で生まれて
すれ違うだけの人もいたね わかり合えないままに
慣れない街の届かぬ夢に 迷いそうな時にも
暗闇を駆けぬける勇気をくれたのはあなたでした Fu…

絶え間なく注ぐ愛の名を 永遠と呼ぶ事ができたなら
言葉では伝える事が どうしてもできなかった
愛しさの意味を知る

あなたを幸せにしたい… 胸に宿る未来図を
悲しみの涙に濡らさぬ様 紡ぎ合い生きてる…

愛の始まりに心戸惑い 背を向けた夏の午後
今思えば頼りなく揺れてた 若すぎた日々の罪
それでもどんなに離れていても あなたを感じてるよ
今度戻ったら一緒に暮らそう
やっぱり二人がいいね いつも…

孤独を背負う人々の群れにたたずんでいた
心寄せる場所を探してた
「出会うのが遅すぎたね」と
泣き出した夜もある
二人の遠まわりさえ 一片の人生
傷つけたあなたに 今告げよう 誰よりも 愛してると…

絶え間なく注ぐ愛の名を 永遠と呼ぶ事ができたなら
言葉では伝える事が どうしてもできなかった

優しさの意味を知る
恋した日の胸騒ぎを 何気ない週末を
幼さ残るその声を 気の強いまなざしを
あなたを彩る全てを抱きしめて
ゆっくりと歩き出す

やわらかな風が吹く この場所で



この曲聞く
GLAY公式サイト
[PR]
by ilovebear | 2005-01-01 11:53 | 歌 詞